1950年代、アメリカ人の宣教師とともに伝道を始めました

宣教師メリー・テーラーとホープ・アスキューによって始められ、田邉恵子(しげこ)が牧師となって教会活動を行ってきました。
1955年頃からは幼稚園を開設し、今日に至るまで、イエス・キリストの教えに基づいた保育と教育を続けています。

瑞穂キリスト教会の沿革

1950年

宣教師メーリー・テーラーさんが伝道を始める。田邉恵子が出会い、奉仕を始める。

1953年

宣教師ホープ・アスキューさんが宣教師テーラーさんを引き継ぐ。アスキュー夫妻が教会を建設する。

1955年

宗教法人ベテルミッション設立。

1956年

瑞穂のぞみ幼稚園の認可を東京都から受ける。

1965年頃

宣教師ホープ・アスキューさんがアメリカに帰国。田邉恵子が牧師に就任。
瑞穂キリスト教会出身の森田為吉牧師が岩手県陸前高田で伝道を始める。

1968年頃

瑞穂キリスト教会出身の三重県松阪市で藤田光康牧師が伝道を始める。

1970年頃

瑞穂キリスト教会出身の大原そみ師が埼玉県入間郡日高町(現・川越市)で伝道を始める。

1977年頃

瑞穂キリスト教会出身の熊谷英三郎牧師が岩手県花巻市で伝道を始める。

2008年

学校法人希望の庭学園を設立。

2010年

幼稚園園舎の建設にともない教会会堂を解体。以後、新会堂建設の計画中。

PAGE TOP